最高の式にするために|結婚式場はじっくり選ぼう

流行りの結婚式

教会

親しい人だけで行う結婚式

入籍して夫婦になったことを、夫婦双方の関係者一同に対してお披露目する機会、それが現代の日本で行なわれている結婚式です。そんな結婚式は、時代によって様々な流行りがある催しでもあります。たとえばバブル経済の頃には、派手婚と呼ばれる結婚式が流行りました。これは夫婦双方の関係者を数百人単位で招待して行う結婚式であり、派手な演出なども多数用いて、費用も数百万円単位を用意するのが一般的でした。その後バブルが弾けたことで流行になったのが、地味婚です。招待する人数を減らしたり、手づくり感がある演出や装飾などを用いることによって、予算を掛けない方向にシフトしていったのです。そういった中で人気を集めているのが、小さな結婚式と呼ばれる結婚式です。小さな結婚式とは、夫婦双方の親族や親友など、近しい間柄の方だけを招待して行う結婚式になっています。そもそも結婚式自体を挙げる夫婦が減少傾向にある中、当人ではなく双方の両親などが結婚式を挙げることを望む場合にも選ばれています。

費用の節約や海外での挙式

小さな結婚式を行なうメリットとしては、まず何よりも用意しなければいけない費用を大幅に節約することができる点を挙げることができます。結婚式を行なうにあたっては、数百万円単位の準備資金が必要になることは広く知られてしますが、これはゲストに振舞うための料理や、挙式並びに披露宴を行うための会場をおさえるために必要となる費用になっています。そのため、小さな結婚式のように招待するゲストの数が少なかったり、おさえなければいけない会場の規模が小さい場合には、それだけ掛かる費用も節約することができるのです。また近しい関係性の方だけを招待するため、海外結婚式やリゾート結婚式などを希望する場合にもオススメなのが小さな結婚式になっています。結婚式とハネムーンを合わせて行う事もできるため、そういった意味でも費用の節約に繋げやすいでしょう。